トップへ戻る
ポキネットプラス利用規約
みたか地域SNS利用規約

みたか地域SNS利用規約(以下「本規約」といいます。)は、みたか地域SNS(ポキネット及びポキネットプラスのふたつのサービスを言う)をご利用いただくのにあたり、会員となる皆様の権利と義務について定めたものです。また、特定のサービスのご利用については、ガイドラインに従ってください。各サービスのガイドラインは、本規約の一部を構成しており、それらすべてを含めて本規約となっております。まず、本規約に同意いただいた上でご利用ください。

1. みたか地域SNS会員
(会員)
1.1 みたか地域SNS会員(以下「会員」といいます)とは、三鷹の地域に興味がある方で、みたか地域SNS運営委員会(以下「運営委員会」といいます)が定める手続きに従って、本規約に同意し、会員自身に関する情報(以下「登録情報」といいます)を登録した方をいいます。
(登録情報の変更)
1.2 会員は、登録情報に変更が生じたときは、常に真実かつ正確な内容を反映するよう速やかに適宜修正登録することとします。
(登録の書式)
1.3 会員は、登録にあたっては、運営委員会が定める手続きを行うこととします。

2. 会員サービスの説明
2.1 みたか地域SNS会員サービス(以下「会員サービス」といいます。)とは、みたか地域SNS運営委員会(以下「運営委員会」といいます。)が管理及び運営を行い、インターネットを利用して提供するサービスで、第1.1 項に定める会員に対して提供する書き込みサービスです。
2.2会員サービスは、本規約に基づき運営されるサービスです。
2.3会員サービスは、会員に対する閲覧サービス及び本規定に定めるサービスのことをいいます。
2.4会員に適用する会員サービスは、運営委員会が決定します。
2.5 運営委員会は、会員に対して、会員サービスを利用するために会員を区別して認識する情報(メンバー・アカウント)と会員の利用の意思を確認する情報(パスワード)(以下「パスワード等」といいます)を付与します。
2.6会員サービスは、以下に定める個別サービス(以下「個別サービス」といいます)とします。
(1)コミュニティサービス
(2)日記サービス
(3)メールサービス
(4)地図情報サービス
(5)静止画サービス
(6)動画サービス
(7)カレンダーサービス
(8)ともだちサービス
(9)リンク登録サービス
(10)簡易掲示版サービス(ポキネットプラス)

(個別サービスの追加と変更)
2.7 運営委員会は、会員に本規約第3.4 項各号に定めるいずれかの方法で通知することにより、個別サービスの内容の一部または全部あるいは新たに個別サービスを追加・変更することがあります。また、パソコン版とスマートフォン版で機能が異なる形で提供することがあります。
(作成者の責務)
2.8 個別サービスを利用して会員サービス上で独自にコミュニティサービス等を開設した会員(以下「作成者」といいます)は、自己が開設したコミュニティサービス等において本規約第8.8 項及び第8.9 項に該当する行為が行われていないように監視するものとします。
(記事等の削除)
2.9 作成者は、前項に関し、問題があると判断したコミュニティサービス等に掲示された記事等(以下、「記事等」といいます)を発信した当該会員への事前の通知を行うことなく、自己の裁量において削除することができるものとします。
(コミュニティサービス等の閉鎖)
2.10作成者は、自己の裁量において、いつでも自己の作成したコミュニティサービス等を閉鎖することができるものとします。
2.11 運営委員会は、必要があると認めるときは、作成者および会員への通知を行うことなく、また、閉鎖の理由を作成者または会員に対して開示することなく、自由にコミュニティサービス等を閉鎖することができるものとします。
(本規約への同意)
2.12 会員が本規約をご確認になられたか否かを問わず、会員サービスのご利用を開始した時点で、本規約をご理解頂き、同意いただいたものと判断させていただきます。
(サービス時間)
2.13 サービス時間は、原則として終日とします。ただし、本規約第11.1項及び第11.2項の場合を除きます。
(利用規約及びガイドライン)
2.14 運営委員会は、本規約のほか、個別サービスの利用条件(以下「ガイドライン」といいます。)を別に定めることがあります。
2.15 運営委員会は、当該個別サービスを提供する画面上に「ガイドライン」等の名称で表示するものとします。

3.本規約の範囲・通知
3.1 本規約は、会員サービスをご利用いただく際の、運営委員会と会員との間の一切の関係に適用します。
3.2 本規約は、会員が本規約第1.1 項に定める登録をした日より適用します。
3.3 運営委員会は、運営委員会の判断により、本規約をいつでも変更することができます。会員が、本規約の変更の効力が生じた後、会員サービスをご利用になる場合は、変更後の本規約に同意したものとみなされます。
(規約変更の通知)
3.4 運営委員会が本規約を変更する際に行う通知は、以下のいずれかの手段で行い、合理的期間経過後に会員に到達したこととします。
(1) ログイン画面、会員サービスまたは各サービスを提供するサイト等の画面に通知を告示すること
(2) すべての会員に対して通知を一斉に送信すること
(効力発生日)
3.5 前項の場合、運営委員会が当該内容をホームページ上に掲載した時点で効力を発するものとします。
(ガイドラインへの同意)
3.6ガイドラインに異なる定めがない限り、個別サービスの利用をもって、会員は、当該個別サービスのガイドラインに同意したものとみなします。
(ガイドラインの記載)
3.7 個別サービスのうち、本規約第2.6 項に記載のない個別サービスの概要は、当該個別サービスのガイドラインまたは当該個別サービスを提供する画面上に記載するものとします。

4.利用料金
4.1 会員サービスの利用は、無料とします。
4.2 運営委員会は、前項の改定を行うことがあります。この場合において、事前に改定内容及び改定内容の適用開始日を本規約第3.4項のとおり通知するものとします。
4.3 会員が会員サービスを利用するために要した電話料金、通信回線料金、インターネットプロバイダ利用料金等の経費は、会員の負担とします。

5. 個人情報保護について
5.1運営委員会は、個人情報の保護を図るとともに、第三者の権利を侵害することのないよう、会員に関する情報の取扱いに充分、配慮します。
5.2 運営委員会は、みたか地域SNSおよび会員サービスを提供する目的において登録情報を利用できるものとします。
5.3 登録情報および本規約第13.1 に定めるところにより運営委員会が会員に実施するオンラインアンケートへの回答結果については、会員の承諾なく第三者に開示される場合があります。
5.4 前2 項の場合、会員個人を特定することができる情報(氏名、住所、生年月日、性別等)については開示しません。ただし、運営委員会が必要があると認めた場合はこれらの情報の開示について、運営委員会は、必ず事前に当該会員の承諾を得るものとします。ただし、次項ただし書に定める場合を除きます。
5.5 運営委員会は、運営委員会が用意するサーバ上に会員の保管するデータ(E-mail、メッセージ、記事、発言等を含みますがこれに限りません)(以下「送受信データ」といいます)の内容または会員サービスの利用履歴を閲覧、編集または開示することはいたしません。ただし、以下に該当する場合を除きます。
(1)当該会員が閲覧等に同意したとき
(2)法律、裁判所、行政機関の命令に従うため 利用するとき
(3)運営委員会または第三者の権利や財産を保護しまたは防御するため利用するとき
(4)緊急の事態において、送受信データの安全性を保護するため 利用するとき
(5)会員サービスを維持するために必要であると運営委員会が判断したとき
(6)人の生命、身体及び財産などに差し迫った危険があり、緊急の必要性があるとき
5.6 会員は、運営委員会の運営するシステム(以下「本システム」といいます)上、以下の事項のために送受信を行うデータについて、コード変換または内容(添付ファイルを含みます)の変更及び削除など、必要に応じて本システムによる何らかの技術的処理が自動的に行われる可能性があることを理解した上で、サービスを利用するものとします。
(1)電子メール、メッセージ、記事または発言等の送受信
(2)個別サービスを利用するために必要な範囲内におけるデータの反映および保管
5.7 運営委員会は、会員が会員サービスの利用を終了した後(終了原因の如何を問いません)も、会員個人を特定できない範囲において、運営委員会の業務のために登録情報を利用することができるものとします。

6. 会員に帰属するデータ・情報の管理
6.1 運営委員会は、会員に帰属するデータおよび他の情報について、以下に該当する場合、会員の承諾なくこれを削除することがあります。
(1)運営委員会が事前に定めた容量を超えた場合
(2)運営委員会が定める期間を超過した場合
(3)会員サービスの保守管理上必要があると運営委員会が判断した場合
6.2 運営委員会は、会員が公開しているデータその他の情報について、次の各号に該当する場合には、会員に断りなくこれを削除することがあります。
(1)本規約第8.8 項及び第8.9 項に該当すると運営委員会が判断した場合
(2)当該情報が本規約第8.8 項又は第8.9 項にあたるとの警告を、運営委員会が当該第三者から受け取ったとき
(3)日本または適用ある外国の法令に明らかに違反していると認められるとき
6.3 運営委員会は、本条の規定に従い情報を削除したこと、または情報を削除しなかったことにより会員または第三者に発生した損害について、運営委員会の故意または重過失に基づくものを除き、一切責任を負いません。

7. パスワード等およびセキュリティ
(管理責任)
7.1 会員は、自らのパスワード等の管理および利用についての全ての責任を負うものとします。
7.2 会員は、自己のパスワード等を利用して行われた会員サービスの使用(第三者による不正または誤使用を含みます)に対して全責任を負うものとします。
7.3 会員は、自己のパスワード等の使用(第三者による不正または誤使用を含みます)により運営委員会に損害が発生した場合、運営委員会に対し、当該損害を賠償するものとします。
7.4 運営委員会は、会員のパスワード等の使用(第三者による不正または誤使用を含みます)または漏洩により、会員に損害が生じてもいかなる責任も負いません。
(権利の譲渡等の禁止)
7.5 運営委員会が付与するパスワード等は、会員のみが利用できるものです。会員は、パスワード等を第三者に利用させてはならないものとします。
7.6 会員は、運営委員会の同意なしに、パスワード等を第三者に譲渡、売買等してはならないものとします。
(不正使用の報告)
7.7 会員は、自己のパスワード等の不正使用または漏洩を知ったときは、運営委員会に直ちにその旨報告するものとします。ただし、これにより運営委員会が何らかの行為を行うことを保証するものではありません。
(パスワード等の変更)
7.8 会員は、ログイン画面またはその他会員サービスを提供する運営委員会のサイトのいずれかの画面に表示される指示に従って自己のパスワード等を変更することができることとします。
(パスワード等の取り消し)
7.9 運営委員会は、会員が連続する6か月間において1 度も会員サービスを利用しない場合、当該会員への通知をすることなく、当該会員のパスワード等を抹消することができるものとします。
7.10 運営委員会は、会員が本規約等に違反したと運営委員会が認める場合は、運営委員会が当該会員に対して付与するパスワード等を抹消することができるものとします。
7.11 運営委員会は、前項の場合、当該会員に対し、将来に渡って会員サービスの利用をお断りすることができるものとします。
7.12 運営委員会は、会員が過去に本規約第7.10 項に該当していると判明した場合、運営委員会が当該会員に対して付与するパスワード等を抹消することができるものとします。
7.13前4項の規定により、パスワード等を抹消した場合、それによって生じたいかなる損害についても、運営委員会は一切の責任を負わないものとします。

8. 会員の責務
8.1 会員は、本規約、ガイドライン及び運営委員会が必要に応じて随時行う指導に従うものとします。
8.2 会員は、自己の判断と責任において会員サービスを使用(データの送受信又は専用ソフトウェアのダウンロード等の行為を含みます)することとします。
8.3 会員が会員サービスの利用、会員サービスへの接続又は本規約違反等に関連して生じたクレーム、請求若しくは自己の損害については、自己の責任と費用で解決するものとします。
8.4 運営委員会は、会員サービスを提供するためにインターネットを利用します。したがって、会員は、本規約のほか、インターネット上において一般的に遵守されている規則、方針及び手順に従うものとします。
8.5 会員は、会員サービスを利用するために自己の責任と費用負担において、会員サービスへの接続のために必要な機器ソフトウェア、通信手段等をご用意いただき、それらを適切に設置、操作し、インターネット及び会員サービスへ接続するものとします。運営委員会は、会員が会員サービスに接続するための準備、方法等については一切関与いたしません。
8.6 会員は、会員が会員サービスを利用して掲示した画像、動画等について運営委員会に保存義務がないことを認識し、必要な画像、動画等については適宜バックアップをとるものとします。
8.7 会員サービスを利用して会員が掲示した画像、動画等に関する責任は、会員自身にあります。運営委員会は会員が会員サービスを利用して掲示した画像、動画等の内容について、一切の責任を負いません。
(禁止行為)
8.8 会員サービス上で、非合法な利用及び非合法的な行為をすることを禁止します。
8.9 会員は、会員サービスを利用するに当たり、以下に該当し、又はその恐れのある行為を禁止します。また、以下の禁止行為に違反した場合に発生した事象について、当該会員は自己の責任において解決しなければならず、運営委員会は一切の責任を負いません。
(1) 法令に違反するもの、第三者の権利を侵害するもの、第三者に経済的・精神的損害を与えるもの、脅迫的なもの、第三者の名誉を毀損するもの、第三者のプライバシーを侵害するもの、いやがらせ、第三者を中傷するもの、猥褻・猥雑なもの、品性を欠くもの、罵詈雑言に類するもの、嫌悪感を与えるもの、民族的・人種的差別につながるもの又は倫理的観点等から問題のあるものを会員サービスを通じて第三者に掲載し、開示し、提供し、又は送付すること。
(2) 宗教活動又は政治活動に関する行為を行うこと。
(3)未成年者を害するような行為 を行うこと。
(4)自分以外の人物を名乗ったり、代表権や代理権がないにもかかわらず会社等の組織を名乗ったり、又は他の人物や組織と提携若しくは協力関係にあると偽ったりすること。故意又は過失により誤認した場合も含みます。
(5)会員サービスを通じて配信されたコンテンツの発信元を隠したり、偽装したりするために、ヘッダー等の部分に手を加えること。
(6)法律上、送信(発信)する権利を有していないコンテンツをアップロードし、掲示し、又はメール等の方法で送信(発信)すること。
(7)第三者の知的財産権(特許権、実用新案権、意匠権、商標権、著作権、肖像権、パブリシティ権、プライバシー権等)を侵害するようなコンテンツをアップロードし、掲示し、又はメール等の方法で送信(発信)すること。
(8)ジャンクメール、スパムメール、チェーンレター、無限連鎖講その他勧誘を目的とするコンテンツをアップロードし、掲示し、又はメール等の方法で送信(発信)すること。
(9)コンピュータのソフトウェア、ハードウェア又は通信機器の機能を妨害、破壊又は制限するようにデザインされたコンピュータウィルス、コンピュータコード、ファイル又はプログラムを含むコンテンツをアップロードし、掲示し、又はメール等の方法で送信(発信)すること。
(10)画面上での対話の流れを妨害したり、他の会員がキーボードから入力できないようなスピードで画面をスクロールしたりさせる等、方法のいかんを問わず他の会員がリアルタイムに操作し、又は入力しようとすることに悪い影響を及ぼすような行為を行うこと。
(11)会員サービス又は会員サービスに接続しているサーバ若しくはネットワークを妨害したり、混乱させたりすること、あるいは会員サービスに接続しているネットワークの使用条件、操作手順、諸規約又は規定に従わないこと。
(12)故意又は過失を問わず法令に違背する行為 を行うこと。
(13)ストーキング行為を行う等、方法のいかんを問わず第三者に対する嫌がらせを行うこと。
(14)他の会員の個人情報の収集、蓄積及び開示、又はこれらの行為をしようとすること。コミュニティサービス等で全く面識のない方を無差別に招待すること、又は違反行為により削除された会員を招待すること。
(15) 選挙の事前運動、選挙運動またはこれらに類似する行為、および公職選挙法に抵触する行為を行うこと。
(16)その他、運営委員会が不適切と判断する行為を行うこと。
(サービスの転売・転用の禁止)
8.10 運営委員会が承認した場合を除き、運営委員会の提供する会員サービス、会員サービスの利用(使用)又は会員サービスへの接続について全部又は一部を問わず、転売し、又は転用することを禁止します。
(コンテンツの検閲と削除)
8.11 運営委員会は、事前にコンテンツを検閲することはいたしません。しかし、会員が公開した後、運営委員会がコンテンツを確認し、必要と判断した場合には、会員サービスを通じて送信(発信)されるコンテンツを削除し、又は掲載場所を変更することができるものとします。この運営委員会の削除権には、本規約に違反するコンテンツ及び運営委員会が問題があると判断したコンテンツを削除する権利も含まれております。
(求償)
8.12 会員の会員サービス利用に関し、クレームや請求に対応して運営委員会に費用(賠償金や弁護士費用を含みます。)が発生した場合、運営委員会は当該会員に対し、当該費用を求償することができるものとします。
(違反への措置)
8.13 運営委員会は、会員が、前項または本規約第8.1 項から第8.10 項の各項に違反した場合、その他運営委員会が必要と認めた場合において、次の各号のいずれかまたはこれらを組み合わせた措置を講ずることがあります。
(1)会員が、本規約に違反する行為を中止すること、および同様の行為を繰り返さないことを要請します。
(2)紛争当事者間で、紛争の解決のための協議を行うことを要請します。
(3)会員が発信、表示、掲示するデータを削除し、他者が受信、閲覧できない状態に変更します。
(4)会員の会員サービスの利用を一時的に停止または本規約第12.2 項の適用ができることとします。
(国際的利用)
8.14 会員は、会員サービスを利用するために閲覧する画面に掲示される広告、付加情報、記事等および会員が各サービスを通じて受信または利用するテキスト、ソフトウェア、音楽、音声、写真、ビデオ、グラフィックス等すべての情報(以下「コンテンツ」といいます)を日本国以外の居住者(以下「外国居住者」といいます)に提供する場合、会員は技術輸出に関する諸法令に、また外国居住者は利用する国、地域に関連する法令等に従うこととします。

9. 解約の申し込み
9.1 会員は、理由の如何を問わず、会員サービスの利用を終了することができます。
9.2 会員は、本規約の規定または変更に対して異議がある場合または会員サービスの内容に異議がある場合でも、運営委員会に対して講じることのできる手段は、会員サービスの利用を終了することに限定されることとします。
9.3 会員が、前2 項による会員サービスの終了を希望する場合は運営委員会が定める手続きに従うこととします。
(解約後のデータ抹消)
9.4 運営委員会は、前項に関し、会員が会員サービスの利用を終了した後(終了原因の如何を問いません)、運営委員会のサーバに保管される保存中の個人情報または利用データを抹消することができるものとします。
(再登録)
9.5 本規約第9.1 項または本規約第7.9 項により会員登録は抹消されますが、再び会員サービスの利用を希望する場合は、再度本規約第1.1 項の手続きをとるものとします。

10. 保証の否認
10.1 運営委員会は、以下の内容について一切の保証を行うものではありません。
(1)会員サービスのサービスおよびその内容が会員の要求に合致すること
(2)会員サービスが中断されないこと
(3)会員サービスがタイムリーに提供されること
(4)会員サービスにおいていかなる不具合やエラーまたは障害が生じないこと
(5)会員が会員サービスを通じて取得する情報が正確であり、信頼できるものであること
(6)会員サービスにいかなる瑕疵もないこと
(7)会員サービスを通じて送受信したデータが所定のサーバに保管されること、相手方に受信されること、または画面上に表示されること
10.2 運営委員会は、会員のメールや掲示などの通信内容やサービス上のコンテンツを削除し、または保存しなかったことについて一切責任を負いません。
10.3 会員は、データの送受信または専用ソフトウェアのダウンロード等の行為はすべて会員の責任で行うこととし、この行為の結果発生した損害について、運営委員会は、一切責任を負わないものとします。
10.4 運営委員会は、運営委員会または個別サービスの共同運営者のサーバに保管するデータの削除、保存または配信に不具合が生じてもいかなる責任も負いません。
10.5 運営委員会は、会員が会員サービスを利用して行った行為が会員の特定の目的(商業的な目的を含みますがこれに限定するものでありません)に適合するか否かについてもいかなる保証も行いません。
10.6 運営委員会は、会員サービスを利用して行った取引(購入(取得)した商品、サービス等を含みます)に関していかなる保証もいたしません。
10.7 運営委員会は、他のWeb サイト等へのリンクについては当該サイト等の管理をしておりませんので、それらのコンテンツ、商品、サービスなどにより生じた一切の損害について賠償する責任はありません。
10.8 運営委員会は、会員に発生した利用機会の逸失、業務の中断、またはあらゆる種類の損害(間接損害、特別損害、付随損害、派生損害、逸失利益を含む)に対して、たとえ運営委員会がかかる損害の可能性を事前に通知されていたとしても、いかなる責任も負いません。

11.「会員サービス」内容の変更・中断・終了
11.1 運営委員会は、会員の承諾を得ることなく、また、会員への事前の通知を行うことなく、任意に会員サービス全体または一部を変更することまたは一時中断、停止または終了することができるものとします。
11.2 運営委員会は、以下に該当する場合、会員の承諾を得ることなく、又は会員への事前の通知を行うことなく、会員サービスの全体又は一部を一時中断し、停止し、又は終了する場合があります。
(1)会員サービスを提供するネットワークシステムの定期的若しくは緊急な保守又は更新を行う場合
(2)火災、停電、天災等の不可抗力により、会員サービスの提供が困難になった場合
(3)その他不測の事態により運営委員会が会員サービスの提供が困難と判断した場合
11.3 前2項の場合であっても、運営委員会は、会員に対していかなる責任も負わないものとします。

12. データの保存とその他の制限
12.1 運営委員会は、個別サービスごとに会員の利用できるデータに関する制限やその保存条件をガイドラインで設定することができるものとします。
12.2 運営委員会は、事前にコンテンツを検閲することはいたしませんが、会員が公開した後、運営委員会がコンテンツを確認し、問題があると判断した場合は運営委員会の裁量において、会員への通知を行うことなく、また、削除の理由を会員に対して開示することなく、自由に送受信データを削除することができるものとします。

13 アンケートの実施および情報配信
13.1 運営委員会は、会員に対して画面、電子メール等を利用したアンケートを実施することができることとします。
13.2 前項に関し、運営委員会または第三者の提供する商品またはサービスに関する情報(以下「付加情報」といいます。)を会員に配信することができるものとします。
13.3 会員は、付加情報が、会員の登録情報または運営委員会が本規約第13.1 項の結果等を利用して選定した情報であることをあらかじめ了承します。また、運営委員会は、付加情報の内容ならびにこの内容に基づく一切の取引および行為について、何らの責任および義務を負わないものとします。

14.広告等を行う事業者との取引
14.1 本規約第2.6に定める会員サービスを利用して、会員に対する物品の購入やサービス利用、イベントへの参加等の勧誘・周知・広告等(以下「広告」といいます。)を行うことは、本規約による制限等に抵触しない限り、制限しません。
14.2会員サービス中に物品またはサービス等に関する広告(懸賞広告を含みます。)を行っている事業者(以下、「事業者」という。)との取引(懸賞等のプロモーションへの参加を含みます。)は、会員と当該事業者の責任において行っていただきます。つまり、商品等の代金の支払い、契約条件の決定、保証、担保責任等は、すべて会員と事業者が当事者として責任を負うことになります。運営委員会は、会員サービス中に掲載されている広告によって行われる取引に起因する損害及び広告が掲載されたこと自体に起因する損害については一切責任を負いません。

15. 著作権について
15.1 会員サービスの運営に関連して運営委員会が作成するすべての著作物の著作権は、 その内容が会員より提供された情報に基づくものであっても、運営委員会に帰属します。ただし、運営委員会が著作権表示を行っているコンテンツについては、それぞれの著作権者に帰属します。
15.2 会員は、コンテンツを、運営委員会または当該情報等の利用許諾権を有する第三者(以下「ライセンシー」といいます)によって明示的に許可された場合のみ、利用することが許されます。会員は、運営委員会またはライセンシーによる明示的な許可なしに、情報等を複製し、配布し、または情報等からの派生的作品を作成することはできません。
15.3 運営委員会は前項の著作物の作成にあたって、 会員から提供されたコンテンツの内容を、会員サービスの運営上の都合により、一部を省略または表現方法を変更することができます。
15.4 会員サービスを媒介として他人に掲載、開示、提供または送付する情報等に関する責任は、会員自身が負うこととします。

16. リンクについて
16.1 会員のみたか地域SNSトップページへのリンク設定はフリーとします。
16.2 前項について、リンク元のホームページの内容が本規約第8.8 項または第8.9 項に該当する場合など、運営委員会が不適切と判断したときは、削除をお願いすることがあります。

17. 本規約違反行為への対処
本規約に違反する行為を発見した場合には、運営者へ通報してください。

18. 全般
18.1 本規約に定めのない事項については会員および運営委員会双方が誠意をもって協議し、解決することとします。
18.2 本規約の準拠法は、日本法とします。
18.3 本規約から生じるまたは関連するいかなる訴訟または訴訟手続きについては、東京地方裁判所立川支部を第1審の専属管轄裁判所とします。
18.4 運営委員会は、会員サービスを含む運営委員会の運営するインターネット上のサービスに関する営業を第三者に譲渡する場合、会員に事前に通知することにより、本規約に基づくすべての運営委員会の権利および義務を承継、売却、合併、その他の方法で譲渡することができるものとします。
18.5 前項の場合、会員は、運営委員会がかかる権利および義務を譲り受ける者に登録情報の開示をすることを了承するものとします。
18.6 本規約のいずれかの条項が管轄裁判所によって法律に違反していると判断された場合、かかる条項は、効力のあるその他の残りの条項をもって運営委員会の意向をできる限り反映するように解釈することとします。
18.7 本規約のいずれかの条項が無効または実施できないと判断された場合には、それらの条項の有効または実施できる部分および本規約の残りの条項は、引き続き有効かつ実施できるものとします。
18.8 運営委員会による会員の本規約への違反に対する権利の放棄(明示、黙示を問わず)は、その後の会員の本規約への違反に対する権利の放棄を意味するものではありません。
18.9 会員は、会員サービスから生じるまたはそれに関連するいかなる訴訟も、当該訴訟の原因が生じてから一年以内に開始されなければならないことに合意し、当該期間経過後は、そのような訴訟は、永久に提訴できないものとします。

附 則
この規約は平成20年9月1日から施行します。
改正後の規約は平成26年9月24日から施行します。